タイトル画像

わくわく日記(2012年12月10日)

2012.12.10(17:43) 594

清陽軒1

 諏訪野町の「清陽軒」に行きました。“巡礼の旅”の第15弾です。

 清陽軒2

 すっぴんラーメン(550円)を食べました。すっぴんラーメンはあっさりしているので、毎日食べても飽きないような気がします。このところ思っていることの中に、繰り返して食べたくなるものを大切にしたいということがあります。私にとって「清陽軒」のラーメンは、繰り返して食べたくなるものの内の一つです。よって、「清陽軒」のラーメンは、これからも大切にしたいと思っています。なお、巡礼の冊子を提示して、餃子4個をサービスしていただきました。どうもありがとうございました。

くるグル

 さて、“くるグル12月号”が本日より配布を開始されています。その中に、“思い出一杯、この一杯”という私のコラムが掲載されています。今回はまさに「清陽軒」のラーメンの思い出について書いていますので、宜しければ読んでみて下さい。“くるグル”が手に入らないという方は、くるグルのホームページの中の電子Bookで読むことも出来ます。何故かホームページのリンクがうまく出来ませんので、次のアドレスをクリツクしてみて下さい。http://www.kuruguru.com/



チャンカメのわくわく日記


<<わくわく日記(2012年12月11日) | ホームへ | わくわく日記(2012年12月8日)>>
コメント
こんばんわ
例え美味しいラーメンでもしょっちゅう食べてるといずれは
飽きてきてしまいます。
私には久留米のラーメン全体がそんな感じになってました

来雷軒などはその中で異色な存在だと思います

シンプルだけど単調では無い、前にも言いましたが
結局は飽きのこない味というのが一番長く親しまれるもの
なのかも知れません
来雷軒のもう一つすごい所はいつ行ってもスープの味が
安定しててほぼ変化が無いという事です

また長文で失礼しました(笑)
【2012/12/10 18:07】 | ほんの通りすがり #- | [edit]
こんばんは。
私はあちこち食べ歩いていますが、それは毎日食べても
飽きないものを探しているためだろうと思います。
一つでもそんな食べものを見つけることが出来たとした
ら、それはとても幸せなことです。
【2012/12/10 18:25】 | チャンカメ #- | [edit]
わざわざ久留米までタウン誌を取りに行けないのでありあがたいです^^。

そして楽しく拝読させて頂きました。

私は個人的な思い出だからいいのだと思いましたよ。

それにしても清陽軒にそんなドラマが存在したとは・・?

なかなか素晴らしい話でした。

次回も期待してまっせ~^^!

と、ちょっとプレッシャーもかけておきましょうか・・(笑)?

【2012/12/10 21:32】 | オースケ #z0OfUpkM | [edit]
うぉぉぉぉぉぉ~~~~~~電子ブックで見れたなんて。
過去二回筑後まで取りに行ってたのは難だったんだ~(あてえ難で)

先月は載ってなくて1回こっきりだったのか~と思ってましたが、
今日の前半読んで、また筑後に走らなければと思っていました。

ネットでみれるなんてすっご~~~~~~~~~~~~く助かります!!!

くるめすたいるも読めますよね。
ほかにくるめ創刊紙でネットで見れるものは無いでしょうか。

ともかくありがとうございましたーーーーーーーーーーーーー
【2012/12/10 22:07】 | たけなか #- | [edit]
清陽軒がオープンした頃、タクシーで来られているおじいちゃんやラーメンを食べながら泣いているおばあちゃんを見かけ、なんか感慨深い気持ちになりました。

誰しも人それぞれ、「想い出の食べ物」ってあるものですね。

チャンカメの“思い出一杯、この一杯”

そんな意味でも素晴らしい企画のコラムだと思います。

今後とも期待しております。

ryu5papa
【2012/12/11 08:57】 | ryu5papa #- | [edit]
ホント、電子Bookは便利ですね。
これからのコラムも、個人的な思い出の路線で
行ってみます。
私には、それしか書けないようなので(笑)。
【2012/12/11 09:34】 | チャンカメ #- | [edit]
ネット関連の技術の進歩は凄すぎて、とてもついて行けません。
それにしても、電子ブックは便利ですね。今のところ電子ブック
で見れるものは少ないですが、これから増えていくでしょう。
【2012/12/11 09:38】 | チャンカメ #- | [edit]
たかが個人の思い出と言っても、世の中を動かしている
のはすべて個人の思いから始まっているものです。
コラムを読んで、一人でも多くの人が「想い出の食べ物」
について考えてくれると嬉しいです。
【2012/12/11 09:45】 | チャンカメ #- | [edit]
ロータリーにあった頃の清陽軒の味は
屋台仕込みラーメンだったような気が
します。すっぴんも美味しいのですが
個人的には屋台仕込みのファンです。
梁山泊は復帰まだでしょうか。
【2012/12/11 10:14】 | toshi #- | [edit]
本来は屋台仕込みラーメンを食べるべきなのですが、
年のせいかラード抜きの方が好きになりました。

「梁山泊」は残念なことに、復帰はかなり遅くなり
そうです。
【2012/12/11 12:51】 | チャンカメ #- | [edit]
チャンカメさん今日は耳寄りな情報が入りました。
国分にあった丸福が勝zouのあとに本日オープンしました。
経営は豚珍漢のご夫婦だそうです。
以前の店のおじさんが厨房を手伝っているそうです。
例のおばさんは店にはいないとの事です。
味はどうでしょうか。情報待ってます。
【2012/12/11 15:09】 | toshi #- | [edit]
そうですか。本日オープンしましたか。
気にはなりますが、行きたいような、行きたくないような・・・・・。
【2012/12/11 16:12】 | チャンカメ #- | [edit]
コラム、私も電子ブックで読みました。
いろいろと日本では、制約が有って進んでませんが
その内電子ブックも普及していく事でしょうね。
【2012/12/11 17:48】 | まこちゃん #mQop/nM. | [edit]
昭和43年、田舎のガリベンちゅう坊だった僕は、M高やF高に入りたくて(イナカの学校に行きたくなくて)、本町の「佐藤ドレスメイキングスクール」で催されていたZK研の日曜講座に通っていました。
清陽軒のラーメンをよく食べていました。100円ぐらいだったかな~?
ナンセ、40年以上前のことなので、記憶がボケボケ・・・。
【2012/12/11 18:15】 | TOTO #- | [edit]
丸福の情報ガセじゃなかったんですね。
まさか以前の店主が手伝いなんてうそくせーと思っていたら、
ちゃんかめさんが意味深なことおっしゃるのでまさかと思ってました。

さすがちゃんかめさん、お見通しだったんですね。
【2012/12/11 19:00】 | たけなか #- | [edit]
残念ながら私は昔の清陽軒で食べた記憶がありません。
中学生の頃はもっぱら丸星でしたし、高校生になってからは沖食堂とひろせ食堂ばかりでした。

昔はもっとラードがベターっと多くて、麺も鹹水臭かったような気がしますが、どうだったんでしょうかね。
【2012/12/11 21:14】 | 風の又二郎 #- | [edit]
ホント、電子ブックは便利です。
新聞もネットで受け取っている人がいるので、
紙は無くなっていくのでしょうか。
【2012/12/12 09:54】 | チャンカメ #- | [edit]
「清陽軒」の店内には、昔の写真が掲示されています。
それを見て、思い出したような気分になるしかないでしょう。
【2012/12/12 09:56】 | チャンカメ #- | [edit]
復活の情報は確かなものでしたが、店名が「丸福ラーメン」と
いうことはオープンしてから知りました。
【2012/12/12 09:59】 | チャンカメ #- | [edit]
昔のラーメンの記憶は、曖昧になってきました。
昔の味を再現すること自体が無理でしょうから、
何となく思い出に浸るのが幸せなのでしょう。
【2012/12/12 10:08】 | チャンカメ #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chankame8989.blog96.fc2.com/tb.php/594-ee209efa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)