タイトル画像

わくわく日記(2011年1月5日)

2011.01.05(16:08) 106

モカボーネン1

 東合川新町の「モカボーネン」に行きました。お店の場所は説明が難しいのですが、「オートバックス」の北側の路地をくるくる回っていると見つかると思います。以前は日吉町にありましたが、20年ほど前に現在地に移転されました。

モカボーネン2

 店内に飲食スペースがあります。モカボーネン(330円)を食べて、ホットコーヒー(300円)を飲みました。セットにすると、50円の割引になります。モカボーネンは、とても上品なケーキだと思いました。ようやく、今年の初ケーキを食べることが出来ました。考えてみると今年の初麺はまだなので、今年に関しては初ケーキの方が初麺より早く来てしまいました。もしかして、今年はスイーツの投稿の方が多くなったりして。

 話は変わりますが、今朝の“讀賣新聞”に気になる記事を見つけました。その記事では、フェルナン・ポワンさんの言葉の「料理人よ故郷へ帰れ。そして、その街の市場に行き、その街の人のために料理を作れ」が紹介されていました。フェルナン・ポワンさんは私が生まれる前に亡くなられた人で、ポール・ボキューズさんの師匠として有名な人です。いろんなところで料理の修業をしても、最後は自分の故郷にお店を出せということでしょうか。私は料理人ではありませんが、ふるさと久留米の料理を紹介するという使命があるのかもしれません(今回は珍しく真面目な話になってしまったので、明日は大雪が降るかもしれません)。

チャンカメのわくわく日記


<<わくわく日記(2011年1月6日) | ホームへ | わくわく日記(2011年1月4日)>>
コメント
私も、モカボーネンのケーキは好きなほうです♪
ここは、ほんとにわかりにくいですよね~。

あら?私の元には届きませんでしたよ?(笑)
ちなみに、私の初スイーツは毎年、梅ヶ枝餅です。
あ、でも、今年は松ヶ枝餅でした^^;
【2011/01/05 22:17】 | acco #- | [edit]
辺鄙なところのケーキ屋さんで、特筆すべきケーキを見つけることがあります。
「モカボーネン」も、そういうお店の一つです。

ケーキを持って「ジョイント」 にしばらくいましたが、偶然は起こりませんで
した。年が変わったので、運命も変わったのかもしれません(涙涙涙)。
【2011/01/06 10:50】 | チャンカメ #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chankame8989.blog96.fc2.com/tb.php/106-f899e9dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)