タイトル画像

わくわく日記(2013年6月28日)

2013.06.28(12:40) 742

 ゆめタウン久留米の中をウロウロしていると、いろんな情報が飛び込んできます。「ケンタッキーフライドチキン」では毎月28日は“にわとりの日”でサービス品があるとか、「リンガーハット」では明日まで“大感謝祭”をやっていて長崎ちゃんぽんが50円安いとか・・・。まるで、ゆめタウンは小宇宙のようですね。

大阪王将1

 昼食は、ゆめタウン久留米の中の「大阪王将」に行きました。このお店は3月1日にオープンしました。「餃子の王将」の方の餃子無料券は持っているのですが、一応は「大阪王将」でも食べてみようかなと思いました。

大阪王将2

 ちょい盛セット(700円)を食べました。ちょい盛セットは、ちょい盛中華そばとちょい盛五目炒飯のセットです。中華そばも五目炒飯も、まあまあの味ではないでしょうか。狭い厨房の中で働くのは大変そうでしたが、これからも頑張っていただきたいと思います。





チャンカメのわくわく日記


タイトル画像

わくわく日記(2013年6月27日)

2013.06.27(13:26) 741

徳ちゃん食堂1

 西町の「徳ちゃん食堂」に行きました。お店の場所は、川沿いです(なんのこっちゃ、わからんやないか)。

徳ちゃん食堂2

 チャンカメ  「もうしまえたかとおもとったら、まだやりよったですね。」
 おいちゃん 「ぼちぼち、やりよりますよ。」
 チャンカメ  「体の調子は、どげんですか?」
 おいちゃん 「だいぶ落ち着いとります。」
 チャンカメ  「焼きそばちゃ、どげな焼きそばですか?」
 おいちゃん 「普通の焼きそばですよ。」

徳ちゃん食堂3

 ということで、焼きそば(480円)を食べました。ソース焼きそばでした。本当に、普通の焼きそばでした。

徳ちゃん食堂4

 食べ終わる頃に、おいちゃんから「コーヒー飲みますか?」と声がかかります。このインスタントコーヒーが凄く味があるコーヒーに思えるから、世の中とは本当に不思議なものです。

チャンカメのわくわく日記


タイトル画像

わくわく日記(2013年6月26日)

2013.06.26(13:23) 740

昭和亭食堂1

 一番街の中の「昭和亭食堂」に行きました。一番街の中をブラブラしていたら、とても気になるメニュー名を発見したのでお店に入ってしまいました。

昭和亭食堂2

 ちゃらんぽん(750円)を食べました。“ちゃらんぽらん”とは私のために付けられたメニュー名のような気がして、とても親しみを感じます。ラーメンの麺が使われていて、和風出汁のチャンポン風の麺料理でした。一言で表現するならば、“和風煮込み野菜ラーメン”という感じでしょうか。関東でよく食べられる湯麺(たんめん)にも、ちょっと似ています。スープがかなり熱くて、食べたら汗だくになってしまいました。寒い季節に食べる方と、もっと美味しく感じるような気がします。



チャンカメのわくわく日記


タイトル画像

わくわく日記(2013年6月25日)

2013.06.25(13:08) 739

八蔵1

 昼食は、旭町の「八蔵」に行きました。本来は居酒屋さんですが、月曜日から金曜日までの平日はランチメニューが用意されています。お店の前に並んでいる自転車は、久留米大学男子学生集団の乗り物です。

八蔵2

 海鮮どんぶり定食(780円)を食べました。海鮮どんぶり定食は、海鮮丼・味噌汁・豆腐・漬物のセットです。刺身がかなり大きく切ってあり、食べごたえのある海鮮丼でした。価格対比で言うと、かなりお得なランチメニューだと思います。なお、味噌汁は一回だけお替りが出来ます。

チャンカメのわくわく日記


タイトル画像

わくわく日記(2013年6月24日)

2013.06.24(15:09) 738

来雷軒1

 櫛原町の「来雷軒」に行きました。

来雷軒2

 ラーメン(500円)を食べました。さて、「来雷軒」は昨年の6月15日にオープンしました。ちょうど1周年の日に行こうと思ったのですが、その日は仕事を入れてしまってました。今回は、1周年から9日遅れた訪問になってしまいました。来年こそはちょうど2周年に行こうと思ったら、来年の6月15日は日曜日なので多分定休日になると思います。そこで、仕方ないので2年後の6月15日に行って、ちょうど3周年のお祝いを言おうと思っています。

チャンカメのわくわく日記


2013年06月
  1. わくわく日記(2013年6月28日)(06/28)
  2. わくわく日記(2013年6月27日)(06/27)
  3. わくわく日記(2013年6月26日)(06/26)
  4. わくわく日記(2013年6月25日)(06/25)
  5. わくわく日記(2013年6月24日)(06/24)
次のページ
次のページ