タイトル画像

わくわく日記(2012年5月31日)

2012.05.31(15:19) 462

120531_122921.jpg

 蛍川町の「こなから」に行きました。“巡礼の旅”の第40弾です。巡礼の旅の最後のお店を何処にしようかと考えましたが、お店の雰囲気が大好きな「こなから」にしました。

120531_123912.jpg

 もやし焼きうどん(680円)を食べました。メニュー名の通りにもやしが沢山入っていて、すごくいい香りが漂って来ます。こしのあるうどんが中から出てきて、かなり食べ応えがあります。なお、このお店のメニューはかなり豊富で、焼きうどんだけでも5種類あります。これからも定期的に通いたいと思っていますが、すべてのメニューを食べるのにどれ位の時間を要するのでしょうか。ちょっと、想像がつきません。

120531_141316.jpg

 さて、ブログ上の“巡礼の旅”は、第40弾という中途半端な状態で終了しました。しかし、実際の巡礼では2冊の冊子を使って、25軒制覇を2回やりました。本当は50軒制覇をしようと思っていたのですが、途中から気が変わってしまいました。気が変わった理由は、“お箸が二つ欲しいなあ”と思ってしまったからです。
 なお、本日で“第3回巡礼の旅”は終了しますが、“第4回巡礼の旅”の企画は既に始まっているということです。“第4回巡礼の旅”の概要が決まったら、またお知らせします。

チャンカメのわくわく日記


タイトル画像

わくわく日記(2012年5月29日)

2012.05.29(15:51) 461

 数日前からのことですが、きゃりーぱみゅぱみゅの“つけまつける”のメロディーが頭の中を駆け巡っております。これは、宇多田ヒカルの“オートマチック”が頭の中を駆け巡って以来のことです。いよいよ、あたいもイカレテ来たかなあ。

120529_122750.jpg

 諏訪野町の「丸亀製麺」に行きました。お店の場所は3号線沿いで、諏訪野町5丁目の信号のところです。

120529_123438.jpg

 釜揚げうどん(280円)を食べました。時々ですが、釜揚げうどんを食べたくなることがあります。うどんにはいろんな食べ方がありますが、うどんそのものを純粋に味わうには“釜揚げうどん”が一番いいような気がします。チェーン店のうどんは、手軽に食べられるところがいいです。
 さて、「丸亀製麺」という店名なのですが、実は丸亀市とは関係が無いんですね。神戸市の「トリドール」という会社が店舗展開していて、丸亀市内には「丸亀製麺」のお店は無いということです。これは、「さつまラーメン」の本部が、大分市にあることと同じような感じでしょうか。

120529_140232.jpg

 おやつを買いに、南2丁目の「原口まんじゅう店」に行きました。このところおやつを我慢していましたが、またもや復活です。

120529_143144.jpg

 酒饅頭(80円)を買いました。とても素朴な味がする饅頭です。あんこがあまり甘くないところが好きです。


チャンカメのわくわく日記


タイトル画像

わくわく日記(2012年5月28日)

2012.05.28(14:33) 460

120528_110429.jpg

 昼食は、八女市本町の「福広」に行きました。お店の場所は、中宮野町の信号の近くです。以前は「八福」があったところです。

120528_114949.jpg

 お店の外に、メニュー表が掲示してありました。これがあると、安心して店内に入ることが出来ます。

120528_112042.jpg

 お造り御膳(850円)を食べました。まずは、サラダと小鉢です。

120528_112652.jpg

 次に、刺身・御飯・味噌汁・茶碗蒸し・漬物です。刺身を手前にして画像を撮ろうとしたら、おばちゃんから“反対ですよ”と注意をされました。一応はひっくり返して、おばちゃんがいなくなってから再度ひっくり返して画像を撮りました。料理の画像を撮るのも、けっこう大変な作業です。

120528_114434.jpg

 最後に、コーヒーです。このお店のランチメニューは魅力的ですね。八女市内で、またもやお気に入りのお店が増えてしまいました。以前のお店が「八福」で今度が「福広」で、どちらも“福”が付きます。ラーメン屋さんの息子さんが和食の修行をして開いたお店だろうかと、勝手に妄想をしておりました。次に行った時に、聞いてみるかもしれません。

チャンカメのわくわく日記


タイトル画像

わくわく日記(2012年5月27日)

2012.05.27(15:52) 459

 休みの日には、遠いところに出かけることが多くなります。しかし、久留米中心街がもっと元気になろうとして、いろんなイベントが開催されているんですよね。そこで今日は、地元密着の行動パターンで行ってみました。

120527_124436.jpg

 まずは、“くるめ日曜市”に行きました。明治通りの「松竹本店」あたりのアーケード街で、地元農産物などの販売がされていました。「ココチカフェ」のスコーンを買おうと思いながらも、話だけして通り過ぎてしまいました(ひどい男ですね)。こういうイベントでは、知り合いが多すぎるのも考えものです。なお、次回は7月29日に開催が予定されています。

120527_131941.jpg

 次に、“六ツ門わくわくマルシェ”に行きました。あけぼの商店街のアーケード通りで、こちらも地元農産物などの販売がされていました。筒井さんに聞いてみたら、今後は第2と第4の土日に開催する計画があるようです。イベントが定着して、もっと多くの人に集まって欲しいものです。

120527_133844.jpg

 こちらでは、素通りすることは出来ませんでした。何といっても、36年前からお付き合いのある三島さんが売店の前に立っておられたものですから。そこで、「光華楼」の売店で、よりより(100円)を買いました。36年の付き合いがあるのに、“たった100円かい?”と言われそうです。また来月も行きますので、どうぞお許し下さいませ。





チャンカメのわくわく日記


タイトル画像

わくわく日記(2012年5月24日)

2012.05.24(14:48) 458

120524_112615.jpg

 昼食は、東町の「佐々樹」に行きました。お店の場所は、千歳通りの信号の北側です。お店の前の道は一方通行なので、車で行く人は通町7丁目の信号から南方向へ進んで下さい。お店の横に、駐車場があります。

120524_113131.jpg

 ランチメニューは、結構いろいろと用意されています。

120524_113343.jpg

 ひとくちカツ定(700円)を食べました。このお店のランチメニューはどれも美味しい上に、ご飯のお替りが出来て益々嬉しくなります。プラス100円でホットコーヒーを付けて、ゆっくり寛ぎたいと思っいます。しかし、お客さんが次々と来店されるので、食べ終わるとすぐにお店を後にすることになります。西鉄久留米駅から近い市街中心地にあるお店ですが、まるで田舎のお店にいるように落ち着くことが出来ます。本当に、貴重なお店です。

チャンカメのわくわく日記


2012年05月
  1. わくわく日記(2012年5月31日)(05/31)
  2. わくわく日記(2012年5月29日)(05/29)
  3. わくわく日記(2012年5月28日)(05/28)
  4. わくわく日記(2012年5月27日)(05/27)
  5. わくわく日記(2012年5月24日)(05/24)
次のページ
次のページ