タイトル画像

わくわく日記(2012年2月27日)

2012.02.27(23:59) 388

にほん橋1

 昼食は、東合川1丁目の「にほん橋ちゃんぽん」に行きました。オープン直後の昨年6月に行って以来の、二度目の訪問でした。

にほん橋2

 ちゃんぽん(580円)を食べました。オープンして8ケ月経っているので、店内の様子はいろいろと変化しています。麺は伊之助の生麺を使用している、と表記されています。スープは鯛と豚骨を使用している、と掲示されています。レジのところには、「そう馬」のパンフレットが置いてあります。ランチタイムに行ったせいもあるでしょうが、かなりお客さんの入りはいいようです。前回行った時にお店の人に“このお店はどうでしょうか?”と聞かれれて、“これならば大丈夫ですよ”と生意気に答えたことがありました。今のところ、そのヤマカンは当たっているようです。

とり和1

 夕方から出かけて、六ツ門町の「とり和」に行きました。その目的は、“久留米ラーメン会”の新年会に出席するためです。

とり和2

 一般的には“久留米と言えば焼きとり”というイメージが強いのですが、私にとっては焼きとりは苦手部門です。現在の仕事の関係上、夜のクラブ活動がしずらいので仕方が無いのですが。「とり和」は「とり清」の流れを汲むお店ということで、高いレベルの焼きとりを提供してあると思います。
 さて、今回の参加メンバーを列記しますと、「来福軒」の吉野さん、「清陽軒」の一木さん・吉田さん・高松さん、「大砲」の東さん、「本田商店」の本田さん、「モヒカンラーメン」の於保さん、「南京千両本家」の宮本博さん、「麺屋中る」の久間さん・川原さん、「龍の家」の永松さん・大日方さん、福岡うまかバイの青柳さん、そして私でした。そのメンバーの中では私が一番年上ということが分かって、ちょっと複雑な心境でした。

とり和3

 おまけです。この画像は、於保さんの背中です。RBC(ラーメンバカチンクラブ)のTシャツということで、「モヒカンラーメン」にはまだ在庫があるそうです。二千円払っても欲しい人がいたら、「モヒカンラーメン」に馳せ参じれば買えるかも。

チャンカメのわくわく日記


2012年02月27日
  1. わくわく日記(2012年2月27日)(02/27)